これまでの観客動員数:
現在の閲覧者数:

銭形の部屋

ウイイレのオンラインでの激闘、及び日常のサッカーの話題を綴る! これまでは『Winning Eleven X』の記事がメインでしたが、今後は最新作『Winning Eleven 2008』の記事をマイペースで書いていくつもりです! FIFA08の記事もたまに書くかも?
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも~!

数日の間色々とテストをしていたので、ブログを非公開にしてすいませんでした。


さて、
今回は、初めて動画を作ることに成功しましたので試しに載せてみました。
ただ、何回も編集したため画質は悪いと思いますが御了承下さい。


↓ちなみにオフでcom相手に何試合かリーグ戦(練習試合)をした時の動画ですw


模擬プレミアリーグ(練習試合)第1試合~第3試合


↓おまけです。
番外編:模擬プレミアリーグ(練習試合)第4試合目~第6試合目(これでラストです)


以上で模擬プレミアリーグ練習試合は終了となります。
今回動画の掲載に成功したので、次回から動画つきで本番のプレミアリーグの試合結果を掲載していきたいと思います。

チャマオさん、べっきゃむさん、動画掲載の御協力本当にありがとうございました。


尚、管理人が風邪でダウンしたため今回の記事はこれで終わりですw
本当にすいませんです。
スポンサーサイト
どうも~!
季節は12月になり、早くも今年も師走を迎えましたね!
今年も残すとこあと1ヶ月を切りましたが、皆さんはどうお過ごしでしょうか?

年末ということもあり、忘年会、あるいは学生の方でしたら期末テスト等で忙しいのではないでしょうか?

私の方も今の時期仕事が凄く忙しく、家に帰宅しても疲れてるせいか、なかなかウイイレをやる時間が作れません
まぁ~、ブログは趣味程度でなんとか書いてますが...



と、ここで話は変わりますが、たまにはリアルサッカーの話題を....

御存知の通り、先日『FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007』が開幕しましたね~!
日本からは、11月に行われたアジアチャンピオンズリーグを制した浦和レッズが参戦してますw


で、昨日の準決勝、注目の浦和レッズ対ACミランとの試合!!

恐らく多くの方がこの1戦を御覧になられたと思います。
私もTVの前でしっかり観てました~!←しかも録画もして

試合の感想は、人それぞれだと思いますが、私個人としてはあの世界選抜クラスの選手を抱えるミラン相手に0-1という点差で終えたことには本当に驚きました
やはり、内容は予想通り終始ミランペースで我慢の時間が長かったですが、守備ではDFを中心に集中して守り、攻撃では一時はワシントンが惜しいシュートを放つなどチャンスも作れてたので、十分健闘したと思います


それにしても、
ミランのプレスは本当に速い!!

試合を観ていて気づいたのですが、浦和の選手がボールを持つと、ミランは必ず1人素早くプレスをかけに行ってました。
しかも、ゴール前が堅守シュート&サイドからのクロスボールを入れても、DFにほとんどブロックされてしまいました。
........まさにディフェンスの手本ですね。
守備を重んじるイタリアサッカーの伝統を見せ付けられました!
あの寄せのスピードは、ナショナルチームでもフランスなどの強豪は普通にやってくる(ブラジルは比較的持たせてくれますが....)ので、見習うべき点かな~と思いますw


プレスの話ですが、実際あのスピードで寄せてこられると、ボールを保持してる選手は、パスを受けてもボールをダイレクト、あるいは最低でも2タッチで処理していかないと、ボールを取られてしまいますw
ボールを受けて、トラップした瞬間にはもう相手選手が既に目の前にいるんですから、これは浦和の選手にとっては脅威だったと思いますw
事実、前半は相手のプレスのスピードについていけず、パスの出しどころがなくて少しでもボールをキープしてると、このパターンでボールを取られる場面が目立ちましたよね!
でも、後半は相手のスピードに慣れてきたんだと思いますが、ボールを長く持たず、ダイレクト等で素早く前線に送りチャンスを作るシーンが増えました。

そういう意味で言えば、浦和はこの試合で今後に繋がる凄く貴重な経験ができたんじゃないかな~と思いますw
普段のリーグでは絶対に味わえないレベルの相手ですし....


というわけで、次の3位決定戦も良い試合を期待しましょう~!


最後に、恒例のウイイレ2008リネームですが、
今回は、ウクライナメキシコルーマニアフィンランドスタジアム名ですw
思ったより早くリネームが作れたので、今回は多めに掲載します。
※詳細は、→の国名からどうぞ!!

また、ベルギーセルビア北アイルランドブルガリアウェールズについても、下書きは既に終えてるので、後日順次掲載していきたいと思います。

尚、前回話したプレミアリーグの試合結果は、今回長くなってしまったので次回から掲載します!


スタジアム名 リネーム


1 コナミスタジアム
→ 架空? 


2 ブリストル・メアリー・スタジアム
→ヴェルティンス・アレナ(Veltins Arena)

ヴェルティンス・アレナとは
ドイツ・ブンデスリーガ『シャルケ04』のホームスタジアム
2001年にドイツ初のドーム型スタジアムとして完成。当時の名称は、アレナ・アウフシャルケ(Arena AufSchalke)と呼ばれていた。その後、2005年に地元のビール会社「ヴェルティンス」が命名権を取得したためヴェルティンス・アレナ(Veltins Arena)と呼ばれるようになる。
所在地:ドイツ(ノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェン) 
収容人数:61481人


3 ヴィルマリー・スタジアム
→ スタッド ド フランス

スタッド・ド・フランスとは?
1998年のフランスW杯の主会場として建設され、2003年世界陸上、2006年UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦、2007年ラグビーW杯でも使用された多目的スタジアムである。
また、サッカーではフランス代表のホームスタジアムでもあり、国際試合でも頻繁に使用されている。
所在地:フランス(サン=ドニ)
収容人数:約8万人

4 モハメド・ルイス・スタジアム
→ ?


5 アントライオン・コロシアム
→ エル・モヌメンタル

エル・モヌメンタルとは?
1978年開催されたワールド杯・アルゼンチン大会の主会場として使用され、アルゼンチンの名門・リバープレート【通称リーベル】のホームスタジアムである。
正式名称は『エスタディオ・モヌメンタル・アントニオ・ベスプチオ・リベルティ』 (Estadio Monumental Antonio Vespucio Liberti)という。
所在地:アルゼンチン(ブエノスアイレス)
収容人数:65645人

6 テアトロ・ブランコ
→ ?


7 オレンジ・アリーナ
→ アムステルダム・アレナ(Amsterdam ArenA)

アムステルダム・アレナとは?
開閉式屋根を備えたドーム型スタジアムであり、サッカーエールディヴィジの、アヤックスのホームスタジアムである。
当初は世界陸上選手権の誘致を目指し陸上競技場を建設する計画を立てていたが、それに落選したため計画をサッカー用スタジアムに変更。太陽光電池パネルを使用した開閉式屋根を架設して、天気やイベントに応じて屋根を開閉したり、またサッカー以外のコンサートや展示会にも使用できるように設計されている。
所在地:オランダ(アムステルダム)
収容人数:51859人


8 カタルーニャ・スタジアム
→ カンプ・ノウ (Camp Nou)

カンプ・ノウとは?
スペインリーグ(リーガ・エスパニョーラ)、バルセロナのホームスタジアム。
名選手ラディスラオ・クバーラ、サンドール・コチシュ、ラモン・ビジャベルデ、エバリストらの1950年代FCバルセロナ黄金期に、その人気の後押しを受け1957年9月24日にスタジアムが完成した。過去には、1982年スペインワールド杯1999年UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦でも使用された。また1982年ワールド杯開催に併せて一時は収容人数を約12万人に増やしたが、90年代に入りFIFAの規則に従って現在の98,600人にまで縮小した。
所在地:スペイン(バルセロナ)
収容人数:98600人(欧州最大の収容数)



スタジアム名は、NO6『アムステルダム・アレナ』NO8『カンプ・ノウ』以外については、色々調べましたがどの実在するスタジアムなのか全く特定ができませんでした。

また、NO2、NO3、NO5のスタジアム名は、他のサイト等に掲載されていたので一応書きましたが、正直これで実名になってるのか疑問なので、あくまで参考程度ということでお願いします。


もし、この記事がお役に立ちましたら、
拍手かコメントをして頂けると今後のモチベーションUPにもつながり嬉しいです!
フィンランド代表・ウクライナ代表・ルーマニア代表・メキシコ代表リネーム


フィンランド代表 リネーム

SBヌマン
→アリ・ニマン

DMFウィッス
→ヤルッコ・ウィス

CFフォルセル
→ミカエル・フォーセル


ウクライナ代表 リネーム

SBイェツェルスキー
→ウォロジーミル・エゼルスキー

CFベリク
→オレクシー・ビエリク



ルーマニア代表 リネーム

OMFロシュ
ラウレンティウ・ロス



メキシコ代表 リネーム

CFキキン
→フランシスコ・フォンセカ


※上記4ヵ国の代表選手については、大半が実名で表記されており、人数も少なかったことから、偽名の選手だけを同じ記事に厳選して書きました。
もしかしたら、中には訂正する必要がない選手も含まれているかもしれませんが御了承下さい!


もし、この記事がお役に立ちましたら、
拍手かコメントをして頂けると今後のモチベーションUPにもつながり嬉しいです!
ブルガリア代表 リネーム

GKイボンコフ
→ディミタル・イワンコフ

CBトルセフ
→アレクサンダル・トゥンチェフ

CBトスレッチ
→イゴール・トマシッチ

SBキシレフ
→ラドスティン・キシシェフ

SBワルトル
→ルシオ・バグネル

CMFスリアン ペロコフ
→スティリアン・ペトロフ

OMFテマリデスク
→ディミタル・テルキスキ

CMFヤゾソフ
→チャブダル・ヤンコフ

STヨスラ
→フリスト・ヨボフ

WGマーチ ベロコフ
→マルティン・ペトロフ

CFベンバトフ
→ディミタル・ベルバトフ

GKゲルゲ ぺロトフ
→ゲオルギ・ぺトコフ

CBキリモフ
→ロセン・キリロフ

CBヴァルゴ イヴァレフ
→バレンチノ・イワノフ

CBトルサコフ
→エリン・トプザコフ

SBぺラフ
→ゲオルギ・ペエフ

DMFアルナレフ
→スタニスラフ・アンゲロフ

SMFゲラギーフ
→ブラゴイ・ゲオルギエフ

SMFトルエフ
→ヨルダン・トドロフ

OMFヤイヨリッチ
→ゾラン・ヤンコビッチ

STボドジフ
→バレリー・ボイノフ

WGラニイフ
→ズラブゴ・ラザロフ

CFトドノフ
→スベトスラフ・トドロフ



もし、この記事がお役に立ちましたら、
拍手かコメントをして頂けると今後のモチベーションUPにもつながり嬉しいです!
ウェールズ代表 リネーム

GKポーン ジョールズ
→ポール・ジョーンズ

CBカッチソン
→ダニー・ガッビドン

CBニルガーナ
→二ール・アードリー

SBリナルド タッフィー
→リチャード・ダフィー

SBべック
→ギャレス・ベイル


CMFカーム ロレンソン
→カール・ロビンソン


CMFカメル サレッチャー
→カール・フレッチャー

SMFデイミーズ
→サイモン・デイビス

SMFクルマソ
→ジェイソン・クーマス

WGギルス
→ライアン・ギグス

CFベラシー
→クレイグ・ベラミー

GKブロンド
→ジェイソン・ブラウン

GKワーム
→ダレン・ワード

CBコナイゾ
→ジェームズ・コリンズ

CBモートル
→クレイグ・モーガン

SBサン ラレッツ
→サム・リケッツ

SBクリムス
→アンドリュー・クロフツ

SBエモアーク
→スティーブン・エバンス

CMFレイドン
→ジョー・レドリー

SMFヴォルザン
→デイビッド・ボーン

SMFボーン ダリー
→ポール・パリー

STコルティル
→デイビッド・コッテリル

CFアールトウ
→ロバート・アーンショー


もし、この記事がお役に立ちましたら、
拍手かコメントをして頂けると今後のモチベーションUPにもつながり嬉しいです!
北アイルランド代表リネーム

GKタイマー
→マイク・テイラー

CBアーク ヒューゴ
→アーロン・ヒューズ

CBクゼイダン
→クレイガン

SBベラーゾ
→クリストファー・ベアード

SBカルデリー
→トニー・カパルディ

CMFクックネン
→ガリー・クリンガム

CMFスネーク デリック
→スティーブン・デイビス

SMFギレスキー
→キース・ギレスピー

WGエリカット
→スチュワート・エリオット

CFヒユニー
→デイビッド・ヒーリー

CFライルティ
→カイル・ラファティー

GKキャナル
→ロイ・キャロル

GKマニエス
→アラン・マンヌス

CBウィラ
→ショーン・ウエップ

CBダン
→マイケル・ダフ

CBジャック エイド
→ジョニー・エバンズ

CMFマッタン
→グラント・マッキャン

SMFスクネール
→イバン・スプロール

SMFブリテン
→クリス・ブラント

SMFジョマソン
→ダミアン・ジョンソン

WGスメナーニ ロゴーネズ
→スティーブン・ロビンソン

CFクリン
→ジェームズ・クイン

CFフェンディ
→ウォレン・フィーニー


もし、この記事がお役に立ちましたら、
拍手かコメントをして頂けると今後のモチベーションUPにもつながり嬉しいです!
セルビア代表 リネーム

GKスクノマヴィッチ
→ブラディミル・ストイコビッチ

CBビリッキ
→ネマニャ・ビディッチ

CBクイスラニッチ
→ムラデン・クルスタイッチ

SBマイネ マートラッチ
→マリャン・マルコビッチ

SBトルナッチ
→ドゥシュコ・トシッチ

DMFコダケリッチ
→ネナド・コバチェビッチ

DMFドライ
→イゴール・ドゥリャイ

OMFデナン スタンクビッチ
→デヤン・スタンコビッチ

SBトルゴヴィッチ
→アレクサンダル・トリショビッチ

CFバベリッチ
→マルコ・パンテリッチ?

CFミルッチ
→ニコラ・ジギッチ

GKアルトラフ
→ブラダ・アブラモフ

CBビンデッチ
→ミラン・ビシェバツ

CBストイコフ
→ミラン・ステパノブ

SBドラクロヴィッチ
→イビツァ・ドラグティノビッチ

SBルミナッチ
→アレクサンダル・ルコビッチ

SMFコロナン
→オグニェン・コロマン

SMFクルナッキ
→ミロシュ・クラシッチ

SMFエマデッチ
→イバン・エルギッチ

OMFヤスレビッチ
→ボシュコ・ヤンコビッチ

OMFイバッチ
→サシャ・イリッチ

CFラゴリッチ
→ダンコ・ラゾビッチ

CFリロワ
→ダニエル・リュボヤ


もし、この記事がお役に立ちましたら、
拍手かコメントをして頂けると今後のモチベーションUPにもつながり嬉しいです!
ベルギー代表 リネーム

GKシュティネン
→スタイネン

CBホーフケンス
→フーフケンス

CBファン ブイテン
→実名です

SBヴァンデン ボーア
→バンデン・ボーレ

SBファン ダンメ
→実名です

DMFシモンス
→実名です

DMFへラールツ
→ゲラーツ

SMFエングレベール
→アングルベール

SMFダールデン
→実名です

CFデンベレ
→実名です

CFピエローニ
→実名です

GKファンデンブッシェ
→実名です

GKデ フリーヘル
→デ フリーガー

SWコンパニー
→実名です

CBフェルマーレン
→実名です

DMFムディンガイ
→実名です

DMFデ マン
→実名です

SMFデュフォー
→ドフュール

SMFホール
→実名です

STムボ ムペンザ
→実名です

WGハイセへムス
→実名です

CFファンデンベルフ
→バンデンベルグ

CFエミール ムペンザ
→実名です


もし、この記事がお役に立ちましたら、
拍手かコメントをして頂けると今後のモチベーションUPにもつながり嬉しいです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。